英語脳になるための英文法

品詞と文型を読んで学ぶ

皆の嫌いな文型

文型と聞くと拒否反応のある人も多いかと思います。私自身、学生時代には苦手でした。しかし、全ての英文はこの5つの文型でできています。この5つを学べば英語を話せたり、書いたりすることが出来るようになります。

文型は、助動詞・時制・不定詞・関係代名詞と並んで説明がされることが多いです。しかし、文型という土台があっての他の文法となります。文型が最も大切なものとなります。英語の根幹です。

そうは言っても、文型は嫌いかもしれません。5つの文型のどれになるかを聞くものが多いですが、まずは5つの違いに着目するのではなく共通点を見ていきましょう。

5つの文型は全て「S:主語」と「V:動詞」から始まると言うことです。

目次

 文型の基礎 主語と動詞

文型の基礎 無視する修飾語

1文型の攻略

2文型の攻略

3文型の攻略

4文型の攻略

5文型の攻略

 

5文型の攻略

5文型はSVOC

5文型はSVOCとなります。「C」には「名詞」または「形容詞」がきます。2文型はSVCでしたが、「C」には「名詞」または「形容詞」が入るのは同じです。「O」には名詞が入りますので、SV名詞・名詞またはSV名詞・形容詞となります。

5文型で使われる動詞

5文型で使われる動詞はたくさんありますが決まっています。少しずつ覚えていきましょう。「make」「call」「find」があります。ただし、「作る」「電話をかける」「見つける」ではありません。詳しく見ていきましょう。

 

SV名詞・名詞

主語⇒動詞⇒名詞⇒名詞

We made him captain.

(私たちは彼をキャプテンにした。)

We call him captain.

(私たちは彼をキャプテンと呼ぶ。)

2文型では主語S=名詞Cでしたが、5文型では目的語O=名詞Cの関係が成り立ちます。=の部分にbe動詞(です)を入れると意味が成り立つ関係になります。「him」は「He」に変えて、「He is a captain.」としましょう。

4文型も目的語O⇒目的語Oと、名詞⇒名詞となりますが、そこに=の関係はありません。動詞によって関係性はある程度定まりますが、=かどうかは自分で判断してどちらの文型かは考えてあげましょう。どちらも成り立つような文は悪文のため無視して構いません。

SV名詞・形容詞

主語⇒動詞⇒名詞⇒形容詞

The victory made us strong.

(その勝利は私たちを強くした。)

We found the new member strong.

(私たちは新しいメンバーが強いと分かった。)

上記同様に、目的語O=形容詞Cの関係が成り立ちます。「We are strong.」「The new member is strong」となります。

 

以前の記事はこちらへ。 

文型の基礎 主語と動詞

文型の基礎 無視する修飾語

1文型の攻略